欠陥: はじめに

欠陥: はじめに

TestRail は、Web ベースであろうとデスクトップ ベースであろうと、ほとんどの課題管理ツールおよびプロジェクト管理ツール、さらにカスタム ソリューションと統合できます。TestRail で課題管理の Web アドレスを設定すると、ツールに保存された課題にテストおよびテスト結果をリンクすることができます。欠陥プラグインを選択して、TestRail から直接欠陥をプッシュして検索する機能を追加することもできます

一般的に、TestRail を課題管理と統合するのはよい考えです。そうすることで、テスターのワークフローが改善され、テスト実行中に入力された課題を追跡しやすくなります。課題管理や他の外部ツールとの統合は、グローバルに、あるいはプロジェクトごとに設定できます。つまり、プロジェクトごとに異なるツールを使用することも、TestRail 内のすべてのプロジェクトに対してグローバルなツールを指定することもできます。

TestRail は、課題管理との統合メカニズムとして、欠陥 URL と欠陥プラグインの 2 つをサポートしています。それぞれの統合メカニズムの詳細については、以下を参照してください。

欠陥URL

欠陥 URL は、TestRail を課題管理やプロジェクト管理ツールにリンクするための簡単で一般的な方法です。欠陥 URL を設定すると、TestRail から課題管理の新規課題作成ページにジャンプして新しい課題を入力することが可能になります。入力された欠陥 ID は自動的に課題管理にリンクされ、報告された問題の状況を追跡することを容易にします。詳細

欠陥プラグイン

欠陥プラグインを使用すると、上記の欠陥 URL の設定に加えて、課題管理とのより複雑な統合を実現できます。欠陥プラグインを使用すると、TestRail から直接課題管理に課題を登録したり、TestRail のユーザー インターフェイスから課題に関する情報を検索したりできます。詳細