TestRailのデバックモードを有効化する

TestRailのデバックモードを有効化する

TestRail のインストールや外部ツールとの統合において問題が報告された場合、サポートチームから詳細なログファイルを取得するためにデバックモードを有効化するよう依頼する場合があります。

デバックモードを有効化するためには、TestRail の config.php をエディターで開き、DEPLOY_DEBUG と DEPLOY_DEBUG_TASK を以下のように記載します。


define('DEPLOY_DEBUG', true);
define('DEPLOY_DEBUG_TASK', true);

デバックモードを有効化すると、TestRail はログファイルのディレクトリ(通常はTestRailのインストールディレクトリであり、ログファイルのパスは config.php に生成されています)にログファイルを出力し始めます。

サポートチームへログファイルを提供した後、設定したオプションを false に設定しデバックモードを無効化することができます。