7. その他

7. その他

本章では、知っていると便利な TestRail の Tips を紹介します。

7-1. バックアップと復元

TestRail には自動バックアップ機能がありません。そのため、定期的に TestRail のバックアップを取得することを推奨いたします。

TestRail のバックアップは以下の 4 点を取得してください。

    • データベース
    • インストールディレクトリ
    • 添付ファイル
    • レポートファイル

7-1-1. データベース

バックアップ

ご利用のデータベースに応じて以下のようなツールを利用して論理バックアップを取得してください。

    • MySQL (Linux/Unix 環境) の場合:mysqldump または phpMyAdmin
    • SQL Server (Windows 環境) の場合: SQL Server Management Studio

復元

ご利用のデータベースに応じてバックアップを復元します。

バックアップを取得したデータベースと同じバージョンのデータベースでバックアップを復元してください。(データベースのバージョンアップが必要な場合、復元後にバージョンアップしてください。)

MySQL (Linux/Unix 環境)

論理的な MySQL バックアップには、データベースを復元するための SQL コマンドが含まれているので、データベースに対して論理バックアップ ファイルを適用します。それには、mysqlコマンド ライン ツールを使用して以下を実行します。※<username> を MySQL のログイン名に、<database> をデータベース名に置き換えてください。

mysql -u <username> -p –default-character-set=utf8 <database> < backup.sql

TestRail のインストールで作成された空のデータベースが、バックアップの既存データに置き換えられます。コマンドを実行する前に、復元先が正しいデータベースとマシンであるかを再確認してください 。

SQL Server (Windows 環境)

SQL Server Management Studio からデータベースに対してバックアップ SQL ファイルを実行します。

Management Studio でスクリプトを実行する前に、左上隅のドロップダウンで正しいデータベースが選択されていることを確認してください)。

あるいは、sqlcmd コマンド ライン ツールを使って、次のようにスクリプトを実行することもできます。※<username> をログイン名に、<database> をデータベース名に置き換えてください。

sqlcmd -x -f 65001 -S localhost -U <username> -d <database> -i backup.sql

TestRail のインストールで作成された空のデータベースが、バックアップの既存データに置き換えられます。コマンドを実行する前に、復元先が正しいデータベースとマシンであるかを再確認してください 。

7-1-2. インストールディレクトリ

TestRail のインストールディレクトリには、TestRail の設定ファイル (データベース接続情報などが定義されています) やログファイル、カスタムスクリプトなどが含まれます。

バックアップ

TestRail インストールディレクトリをそのままコピーしてバックアップを取得してください。

復元

以下の手順でインストールディレクトリを復元してください。

    • 取得したバックアップの復元の前に、バックアップを取得したバージョンと同じバージョンのインストールモジュールをご利用環境にインストールします。
    • 古いバージョンのインストールモジュールが必要な場合は、お問い合わせください。
    • 取得したバックアップを TestRail インストールディレクトリに上書きします。
    • TestRail が正常に動作することを確認します。

注意

復元環境がバックアップを取得した環境と異なる場合、[管理] で以下の設定を変更する必要があります。

    • [サイト設定] > [アプリケーション] タブ > 添付ファイルのディレクトリ
    • [サイト設定] > [アプリケーション] タブ > レポートのディレクトリ
    • [サイト設定] > [電子メール] タブ > Email サーバー
    • [サイト設定] > [電子メール] タブ Email 送信元アドレス
    • TestRail インストールディレクトリの config.php

7-1-3. 添付ファイル

TestRail 上にアップロードした添付ファイルの格納先を確認してください。

    • [管理] > [サイト設定] > [アプリケーション] タブ > 添付ファイルのディレクトリ

バックアップ

添付ファイル格納先のディレクトリをそのままコピーしてバックアップを取得してください。

復元

バックアップで取得したディレクトリを復元してください。

7-1-4. レポートファイル

作成したレポートの格納先を確認してください。

    • [管理] > [サイト設定] > [アプリケーション] タブ > レポートのディレクトリ

バックアップ

レポート格納先のディレクトリをそのままコピーしてバックアップを取得してください。

復元

バックアップで取得したディレクトリを復元してください。

7-2. ポートを変更する

TestRail が利用するポートを変更するには、TestRail を稼働している WEB サーバー (IIS または Apache) の設定を変更します。

7-2-1. Apache (Linux/Unix 環境) でポートを変更する

※ ご利用の環境によっては操作手順が異なる可能性がございます。

    • Apache の設定ファイルを開きます。(例:vi /etc/apache2/ports.conf)
    • Listen XX と記載されている行を任意のポートに変更してファイルを保存します。
other_06-1

Apache を再起動します。

service apache2 restart

7-2-2. IIS (Windows 環境) でポートを変更する

※ IIS 10 で動作確認をしています。ご利用バージョンによっては操作手順が異なる可能性がございます。

    • [スタート] メニューから [プログラム] > [Windows 管理ツール] > [インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ] を起動します。
    • [サイト] から、TestRail 用のサイト設定を選択し、右クリック > [Web サイトの管理] > [停止] を選択します。
other_01-1
    • [操作] > [バインド] をクリックします。
other_02-1
    • [編集] をクリックします。
other_03-1
    • ポートを任意の値に変更後、設定を保存します。
other_04-1
    • [サイト] から、TestRail 用のサイト設定を選択し、右クリック > [Web サイトの管理] > [開始] を選択します。
other_05-1

7-3. 添付ファイルのアップロード上限サイズを変更する

テストケースやテスト結果にファイルを添付すると「Maximum upload size was exceeded」が表示されてしまう場合、ご利用環境の php の設定を変更してください。

php.ini の以下の2つの項目を変更し、Webサーバーを再起動してください。

# 変更例です。ご利用環境に合わせて変更してください。
post_max_size=64M
upload_max_filesize=64M

7-4. プロキシサーバーを設定する

TestRail サーバーから外部サイトへのアクセスにプロキシが必要な場合は、TestRail にプロキシサーバーの設定が必要です。

TestRail の config.php ファイルをテキストエディタで開き、DEPLOY_PROXY_HOST オプションと DEPLOY_PROXY_PORT オプションを有効にします。

define('DEPLOY_PROXY_HOST', 'proxy-hostname-or-ip'); // Proxy サーバーのホスト名またはIPアドレス
define('DEPLOY_PROXY_PORT', 8080); // Proxy サーバーのポート
define('DEPLOY_PROXY_USER', 'proxy-user'); // (不要な場合は削除)Proxy サーバーユーザー名
define('DEPLOY_PROXY_PASSWORD', 'proxy-password'); // (不要な場合は削除)Proxy サーバーパスワード)

7-4-1. LB (ロードバランサ) で SSL を終端させている環境で利用する

TestRail は https 経由でアクセスされたことを認識できないため、URL をオーバーライドする必要があります。 以下の 2 点を実施してください。

  • TestRail の config.php ファイルをテキストエディタで開き、DEPLOY_REQUEST_SERVER オプションと DEPLOY_REQUEST_PATH オプションを有効にします。
define ('DEPLOY_REQUEST_SERVER','https://');
define ('DEPLOY_REQUEST_PATH','testrail.mycompany.com');
  • TestRail の以下の画面から、Web アドレス の URL も同様に “https://XXXX” に変更します。
    • [管理] > [サイト設定] > [アプリケーション] タブ > Web アドレス

7-5. リンク