2. ユーザーとグループ

2. ユーザーとグループ

本章では、ロールとユーザー、グループの作成方法について説明します。 TestRail を利用するには、ユーザーが TestRail にログインする必要があり、管理者は TestRail を利用するメンバー毎のログインユーザーを作成します。

2-1. ユーザーの追加

ユーザーの追加は、[管理] > [ユーザーとロール] > [ユーザー] タブで行います。

ユーザーの追加は、1 ユーザー毎追加する方法と、複数ユーザーを一度に追加する方法の 2 通りがあります。

2-1-1. ユーザーを 1 人ずつ追加する

ユーザーの追加 ボタンを押下します。

ユーザータブ

登録するユーザーに合わせてユーザー情報を設定します。

本画面で設定した内容は、ユーザーがログイン後、変更することができます。

user_01
    • 電子メールでユーザーを招待
      • 新規ユーザー登録後、パスワード設定用のリンクをユーザーに対してメール送信します。
      • ユーザーは、メールに記されたリンクから TestRail にアクセスして初回ログインを行うことができます。
      • 事前にメールサーバーの設定が必要です。メールサーバーの設定は [管理] > [サイト設定] > [電子メール] タブで行います。
      • 注意:TestRail は STARTTLS を使ったメール送信に対応していません。STARTTLS を使っている場合は、中継サーバー等を設定してください。
    • 手動でパスワードを指定する(招待メールは送信されません)
      • ユーザー登録時に、管理者がパスワードの登録も行います。
      • ユーザー登録後、ユーザーには登録されたことを知らせるメール通知は行われません。
      • 登録したパスワード情報を、ユーザーに通知する必要があります。

アクセスタブ

登録するユーザーに合わせてユーザーのアクセス権を設定します。

ロール、グループについては、本章の以降の項目で説明します。

user_02
    • このユーザーはアクティブ
      • ユーザーが TestRail にログインするには、アクティブ (チェックボックスがON) である必要があります。
      • 人員の入替など、TestRail のログインが不要にならない限り、アクティブ としてください。
    • このユーザーは管理者
      • 管理者は、TestRail の管理メニューの操作が行うことができます。
      • 通常、テスト管理のためだけに TestRail を利用する場合、管理者である必要はありません。
    • ユーザーの追加 ボタンを押下してユーザーを登録します。

OAUTHタブ

TestRail ユーザーが Assembla ログイン情報を使用して(OAuth 2プロトコルを介して)Assemblaプロジェクトと統合するための設定です。

利用するには、事前に [管理] > [統合] で TestRail と Assembla の連携設定をする必要があります。

user_14

プロジェクトタブ

特定のプロジェクトに対して、[アクセス] タブで指定したグローバルロールより優先するアクセス権を設定することができます。

user_15

2-1-2. 一度に複数ユーザーを追加する

複数のユーザーの追加 ボタンを押下します。

追加するユーザー名とメールアドレスをカンマ区切りで設定します。この例では 2 ユーザーが追加されます。

user_03

ユーザーのロールやグループ、言語などをデフォルト値から変更する場合は、「ロールやグループなどのその他のフィールドを設定するか、デフォルトのままにします。」をクリックして設定を行います。

ここで設定した内容は、追加する全ユーザーに反映されます。

user_04

メール送信設定を行います。

user_05
    • チェックボックスを有効化していると、新規ユーザーの登録後、ユーザーに対してパスワード設定用のリンクがメール送信されます。
    • ユーザーは、メールに記されたリンクから TestRail にアクセスしてパスワード設定、初回ログインを行うことができます。
    • 事前にメールサーバーの設定が必要です。メールサーバーの設定は [管理] > [サイト設定] > [電子メール] タブで行います。

2-1-3. ライセンスとユーザーについて

TestRail のライセンスは、TestRail 上で アクティブ なユーザー数に紐づきます。

ログインしたことが無いユーザーや、現在ログイン中ではないユーザーであっても、ステータスがアクティブであればライセンスは消費されます。

ライセンスを解放したい場合は、ユーザーのステータスを 非アクティブ に変更します。(非アクティブにするとログインできなくなります。)

例えば、登録されているユーザーが次の画像の状態である場合、ステータスが アクティブ なユーザーが 3 人存在するので TestRail のライセンスは 3 ユーザー分利用されていることになります。

user_06

上の画像を次の画像のように変更した場合、TestRail のライセンスは 2 ユーザー分利用されていることになります。

user_07

ユーザーのステータスを変更する方法

ユーザーのステータスを切り替えるには、ユーザー一覧画面のステータスプルダウンを選択します。

user_08

または、ユーザーを選択してユーザーの編集画面で このユーザーはアクティブ チェックボックスを ON/OFF します。

user_09

ユーザーの非アクティブと無効化

ユーザー編集画面の右側に表示されるアクションの このユーザーを無効にする は、ユーザーの 非アクティブ化 とは異なります。

user_10

このユーザーを無効にする を選択した場合、該当のユーザーは個人を特定できないようにユーザー名やメールアドレスが難読化した値に置き換えられます。

user_11

TestRail 上でこのユーザーがおこなった活動 (テスト結果の登録やテストケースの作成など) は全て置き換えられたユーザー名で更新され、TestRail 上のあらゆるデータからユーザー個人を特定することができなくなります。

TestRail のライセンス解放を目的とする場合は 無効化 ではなく、ステータスの 非アクティブ 化をしてください。

2-1-4. シングルサインオン (SSO) について

カスタム認証スクリプトを利用すると、外部システムと統合して SSO (シングルサインオン) 機能を実装することができます。

Active Directory サービスや LDAP サービスと統合するカスタム認証スクリプトも提供しています。

詳細は、オンラインマニュアルの 認証とシングル サインオン をご確認ください。

認証とシングル サインオン

TestRail Enterprise 版を利用すると、SAML 2.0 プロトコルを使用する任意の SSO ID プロバイダー (IdP) と TestRail を統合することもできます。

TestRail Enterprise 版についてご興味がございましたら、お問い合わせください。

2-2. グループの追加

TestRail では、複数のユーザーをグループで管理することができます。

1人のユーザーが複数のグループに所属することができ、作成したグループは、TestRail 上のプロジェクトに対するアクセス権の管理に利用します。特定のプロジェクトに関係したユーザーや、プロジェクトに対して同じアクセス権限を持たせたいユーザーをまとめて管理できます。

user_12

2-3. ロール

ロールとは、ユーザーおよびグループに割り当てるアクセス権です。

TestRail には、Read-only、Tester、Designer、Lead の 4 つのロールがあらかじめ用意されています。

次の表は、各ロールにおけるデフォルトの権限です。

    • :操作可
    • ×:操作不可
    • :機能が存在しない
ロールパーミッション追加・編集削除閉じる恒久的に削除修正
Read-only添付ファイル××
ケースとセクション×××
設定××
マイルストーン××
ランと計画×××
ランと計画 (完了)×
レポート××
レポート (定期)××
スイート××
テスト結果××
Tester添付ファイル
ケースとセクション×××
設定××
マイルストーン××
ランと計画××
ランと計画 (完了)×
レポート
レポート (定期)
スイート××
テスト結果×
Designer添付ファイル
ケースとセクション×
設定××
マイルストーン××
ランと計画××
ランと計画 (完了)×
レポート
レポート (定期)
スイート××
テスト結果×
Lead添付ファイル
ケースとセクション
設定
マイルストーン
ランと計画
ランと計画 (完了)×
レポート
レポート (定期)
スイート
テスト結果×

インストール後は Lead ロールがデフォルトのロールに設定されており、ユーザーやグループの作成時に指定が無い場合は自動的に Lead がユーザーのロールに割り当てられます。

ご利用の状況に合わせて、デフォルトのロールを Lead から変更したり、4 つのロールの設定を変更すること、新しいロールを追加することもできます。

ロールの追加/編集は、[管理] > [ユーザーとロール] > [ロール] タブで行います。

2-3-1. グローバルロールとプロジェクトアクセスについて

各ユーザーに設定されているロールは グローバルロール です。

グローバルロールは、各プロジェクトに対するアクセス権として利用されます。

例えば、ユーザー設定で Lead ロールが割り当てられているユーザーは、プロジェクト側で制御をしない限り、TestRail 状の全プロジェクトに対して Lead の権限でアクセスできます。これは、このユーザーが全プロジェクトのテストケースの追加/削除/変更ができることを意味しています。

各ユーザーのグローバルロールでプロジェクトにアクセスさせないようにするには、各ユーザー編集画面の [プロジェクト] タブでロールを指定するか、プロジェクトの設定でユーザー毎のアクセス権を設定する必要があります。

リンク